もどる
実行中

中小企業金融

会員間での中小企業金融のベストプラクティスの分析

OECD地域では、中小企業(SME)が主流の企業であり、全企業の約99%を占めています。それらは、世界中の国家経済で重要な役割を果たし、次の三つに大きく貢献しています。(1)国内総生産、(2)雇用、(3)イノベーション

このプロジェクトでは、会員内での中小企業向け融資のベストプラクティスを分析します。それは、二段階の送金をカバーして現在の中小企業の資金調達、エコシステム開発、サポートプラットフォームに関する比較研究を実施するためです。
プロジェクトは、アスタナ国際金融センターがスポンサーしています。

中小企業金融プロジェクトの目的は、次の例を可能にするフレームワークの開発を主導することです。

  1. イノベーションと起業家精神を刺激する。
  2. 中小企業がビジネスを拡大するために必要な戦略的資源(金融へのアクセス、市場へのアクセス、管理能力、知識ネットワーク、スキル)を活用することで繁栄できるビジネス環境を作成する事ができます。

WAIFCの中小企業金融ワーキンググループは、次の分野のベストプラクティスを特定して交換するために設立されました:

  1. 法的枠組みとリスク評価;
  2. テクノロジー、中小企業プラットフォーム、中小企業の中心地の役割;
  3. プルデンシャル銀行業の制約と政策措置;
  4. 中小企業の資本市場へのアクセスにおけるオルタナティブな資金調達やその他の国際金融センターの経験を含む金融商品; 
  5. 最後に利害関係者、投資家、金融の中心地の幅広いコミュニティへのアクセスと持続可能な関与。

中小企業金融プロジェクトの目的は、以下のベストプラクティスを特定することです:

  1. 法的エコシステムとリスク評価
  2. 新しいフィンテックの役割
  3. プルデンシャル銀行業の制約
  4. 中小企業銀行の設立におけるオルタナティブの資金調達と会員の経験
  5. 中小企業プラットフォームの役割 – クラウドファンディング、クラシックポータル、多国間取引ファシリティ(MTF)など
  6. 中小企業の中心地の役割